東金の歴史を見守る最福寺。

東金八鶴湖に南面してたたずむ安国山最福寺は、大同2年(807年)伝教大師最澄によって、背後の鴇ヶ嶺山頂の山王神社(日吉神社)とともに一宇を改修し天台宗の寺院として創設されました。

その後六百七十年たった文明十一年(1479年)京都妙満寺十世日遵上人の弘教により、顕本法華宗に改宗いたしました。

現在は日蓮系の単立本山です。

境内には徳川家康の銅像、切られ与三郎の墓、季節ごとの句碑、開運のお大黒様等々ゆっくり散策出来ます。

お知らせ

現在世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの早期終息並びに、
皆様、医療従事者様の身体健全のご祈念を毎日行っております。
残念ながら、この疫病にて逝去された各霊位に御回向もさせていただいております。
皆様のご健康と、安穏な生活に戻れる事を重ねてお祈りいたします。
                                 住職 合掌

大黒天 節分会 ありがとうございました

令和6年2月3日(土)本堂にて、コロナ後初の節分会 豆まきを行いました。
ご参加、ご協力くださいました皆さまありがとうございました。

塔婆申し込み 受け付けております

申し込み用紙は下記よりダウンロードしてご利用いただけます。

連絡先:
〒283-0802
千葉県東金市東金1693
Tel:0475-52-2321
Mail:saifukuji@tougane.name 

Back To Top